光フェイシャルについて

お肌の内側からケアできる「光フェイシャル」とは?

この記事では、お肌の内側の細胞からケアする「光フェイシャル」についてご紹介したいと思います。

お肌は表皮・真皮・皮下組織の3層に分かれています。表皮の下には「真皮」が存在します。

真皮の中には、3つの代表的なタンパク質があります。それが「コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸」です。皆さんも一度は聞いたことのある名前だと思います。

コラーゲン

コラーゲンとは、皮膚の強度を保つたんぱく質。「ハリのある肌」に大切な成分で、真皮の70%も占めていて、真皮の構造をつくる主要成分です。

エラスチン

皮膚の弾力性を保つたんぱく質エラスチンは、真皮の2~3%程度しか占めていませんが、お肌の弾性を保ちます。 「ぷるぷる肌」のためにはコラーゲンよりエラスチンです。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸とは、皮膚の水分を保つために必要な粘性のあるたんぱく質。保湿する力に優れた「瑞々しい潤いのある肌」のために大切な成分です。

コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンのたんぱく質はどうやって作られるのでしょうか?

コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンのたんぱく質はどうやって作られるのでしょうか?

それは、真皮に存在する細胞線維芽細胞」が作ってくれるのです!

この線維芽細胞の働きは?

  • コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などを生成
  • 古くなったタンパク質を分解
  • 自ら細胞分裂し増えていく!
  • 血管の生成を支援
  • エストロゲン(女性ホルモン)の生成
  • 肌の損傷を修復

などがあげられています。

線維芽細胞がなければ、いくらコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸がはいっている化粧品や食品を塗っても食べても、肌のハリツヤはなかなか出ないのです。

お肌のハリ・弾力・ツヤを維持するためには?

お肌のハリ・弾力・ツヤを維持するためにはどうしたらよいのでしょうか?

それは、老化していない健やかな線維芽細胞そのものを維持することこそが、お肌のハリ・弾力・ツヤを維持する上で、最も大切なエイジングケアです!

そこで必要なのが、線維芽細胞を刺激し活性化させることです。

光フェイシャルは、光で線維芽細胞を刺激して活性化させることができるので真皮内のたんぱく質を増加させ、表皮のシワやたるみを真皮から押し上げたり引き上げて形状記憶させていくのです。

なので、光フェイシャルをすることで、肌にハリやツヤ感が出てくるのです。

いかがだったでしょうか?いくら高い化粧品を使っても土台ができていないと、お肌の内部に栄養はなかなか入っていかず老化の原因となってしまいます。

光もお肌にとっては大事なケアーになります。お肌のくすみやハリがなくなってきたらおすすめです。

 

 

関連記事

PAGE TOP
PCで簡単ネット予約!24時間いつでもご予約可能
空き確認・ご予約はコチラ