毛周期とは?

毛には「毛周期」というサイクルがあります。

毛の毛根には「毛母細胞」があり、毛細血管から栄養を受けとることによって細胞分裂を起こし、毛が成長します。

毛は常に伸び続けているものではありません。一定の期間成長を続けた後、成長を停止し、古い毛は抜け落ち、また新しい毛が再生させるというサイクルを全ての毛穴が独立して繰り返しているのです。

毛周期とは?

毛周期

もう周期とは毛が生えてくるサイクルのことを言います。

毛が成長している期間を「成長期」→毛が抜け落ちていく期間を「退行期」→毛が成長を止めている期間を「休止期」と呼びます。

この3つのサイクルを「毛周期」といいます。

約3か月のサイクルで生え変わりを繰り返していますが、部位ごとに毛周期も異なります。

ここで、詳しく毛周期の3つのサイクルを説明しますね。

成長期

毛包は真皮の奥底まで入り込み、毛乳頭に達します。毛母細胞は活発に増殖・分化し、毛が伸びていきます。

退行期

毛が伸びるのをやめて、毛根、毛母細胞と毛乳頭の結びつきが弱くなります。毛包も萎縮をして真皮の浅い位置に向かいます。

休止期

毛包は毛隆起(バルジ)のあたりまで萎縮し、毛乳頭は毛球の外に取り残され、毛の摩擦などによって抜けていき、毛母細胞も消失します。

また、抜け落ちるはずの毛が抜けずに毛包内に溜まり、新しい毛が生えてくることにより、押し出されて抜けることもあります。

このとき毛乳頭と毛隆起(バルジ)の距離が近くなります。毛乳頭が発現する複数のシグナルによって毛包幹細胞を供給しながら成長期に誘導します。

こうして、「生える」「伸びる」「抜ける」そしてまた「生える」を繰り返しているんですね。

脱毛に効果的な時期は成長期

よく美容脱毛や医療脱毛に行っても一回じゃ終わらないなんだかんだ3年~4年かかってもなくならないと悩んでる方が多いですよね?

しかも必ず回数が必要になると言われて、いったいどれくらいかかるのって思うことありますよね?

昔の脱毛は、今生えてる元気な毛「成長期」にしか反応せず熱照射で肌の負担があるので、3か月の期間を空けて毛周期にそって脱毛しているのが一般的だったのです。

毛についてそんなに理解してない方も多く、どんな脱毛器でもなくなるでしょという曖昧な理解から何年もかかる方も多くいらっしゃいます。

もっと毛周期や毛の仕組み、脱毛器の種類について理解していれば、早くきれいになれる最短の道がひらけるのではないかと思います。

自己処理しなくても良い脱毛回数

脱毛回数は人それぞれ変わってきます。

  • ホルモンバランスがしっかり整っているのかで効果の出やすさも変化する。
  • 毛の生え方や自己処理の頻度やお手入れの仕方で変わる。
  • 乾燥肌の方・ストレスがある方・生活習慣

などで脱毛効果も変化します。

あとは、個人の目的・状態によっても変わってきます。

毛量が多い、自己処理をしすぎて肌もブツブツ状態、太い毛さえなくなればいい、ツルツルにしたい、見えるところが気になる、VIOだけきれいにしたい、産毛も綺麗にしたいと意見はさまざまです。

自分がどういった感じにしていきたいのか、しっかり向き合うのも大事なのです。

自己処理をなくしたいだけなのか?お肌も美白にツルツルにしたいのか?をしっかりと自分の中で決めていると理想の自分に早く出会えるはずです。

だらだら何年も続けるのか、数か月・1年でなりたい自分に出会えるかは自分次第です。

まず、知っておきたいのが毛には毛周期があり実際に皮膚表面に見えている毛は全体の30%しかないということです。

しかも、成長期の毛は全体の5~15%程度しかないのです。

100%の毛に照射していくのに

100%÷5%=約20回

100%÷15%=約6回

多くのサロンでは、下記の計算式より平均して2年間で12回かかるとご案内しています。

また、部位ごとに毛根の深さも異なるため回数が前後する場合もあります。

部位別の毛周期

下記の表は毛1本に着目した毛周期です。

部位毛周期成長スピード(1日あたり)
髪の毛3~6年0.35㎜
ワキ3か月0.3㎜
VIO4か月0.2㎜
腕&脚3~4か月腕0.3㎜、脚0.21㎜

毛周期の他にも部位別の毛根の深さもあるので、効果は場所によって変わります。

少しでも、毛周期について知っていただけたらと思います。

関連記事

PAGE TOP
PCで簡単ネット予約!24時間いつでもご予約可能
空き確認・ご予約はコチラ